ルイボスエキスの優れた効能とは?頭皮の炎症と酸化を抑制する

ルイボスという植物をご存知でしょうか?(またはルーバスとも言われます)

南アフリカの一部の地域にのみ自生する固有の植物で
近年は健康効果が高いと注目されるようになってきました。

その効果の秘密は強力な抗酸化能力があるからです。

体の中では常に活性酸素が発生しており、
それが病原菌や細菌を退治してくれるのですが多すぎると問題が起こります。

活性酸素はとても酸化力が強いので
必要以上に増えてしまうと正常な細胞まで傷つけてしまい
様々な病気や老化の引き金となってしまいます。

一説には病気の90%は活性酸素が関与しているといわれているくらいです。

当然、活性酸素は髪にも悪影響を及ぼすと考えられます。

頭皮は刺激を受けることが多いことから
皮脂腺の量が体の中で最も多く存在しています。

そのため皮脂の分泌量がとても多く、
酸素に触れるとすぐ酸化して過酸化脂質という物質を生み出します。

過酸化脂質も活性酸素の一種なので頭皮の炎症に繋がる恐れが出てくるのです。

ただ頭皮を清潔にしてればいいということはありません。

たとえべたつきや痒み、フケなどがなくても
体の中で活性酸素を増やす要因がとても多いので油断はできないのです。


たとえば睡眠不足や深酒、タバコ、添加物が多い質の悪い加工食品やファストフード。
あと運動不足やストレスだってそうです。

そういうものと接する機会が多い方は活性酸素が多く発生している可能性が高いです。

ルイボスが育つ場所はセダルバーグ山脈という高地なので
紫外線の影響が強く昼夜の寒暖差が激しい過酷な場所です。

植物は基本的に紫外線を常に浴びていることから
抗酸化能力を身につけているものなのですが
ルイボスは場所的に特に強く進化した植物なのです。

そしてセダルバーグという場所は大昔は海の底であり、
ルイボスエキスのミネラルバランスは
当時の海とほとんど同じだということがわかっています。


古代の海は人間の細胞が活動するのに最も適しているといわれていいます。

ということでルイボスは神経症やアレルギー、
胃腸の諸症状をはじめあらゆる体の問題にアプローチできるものといえます。

ちなみにルイボスエキスを頭皮に塗ると
髪はどうなるのかという臨床実験が行われたことがあり、
9割の被験者の髪が伸びるスピードが向上した、という結果が出たそうです。

あとアレルギー症状などの副作用もなかったので安全性も極めて高いものといえます。

お茶として摂取することが一般的ですが、
頭皮に塗ることも大変有効なのではないかと思われます。

茶葉を買えば育毛剤を作ることができますが
少し手間なのでルイボスが含まれた育毛製品を使ったほうが効率的です。

ただ残念ながら配合してるのはごく一部に限られますが…。


⇒ルイボスエキスなど育毛成分を多数配合したシャンプー