活性酸素の発生を防いで薄毛を予防する抗酸化成分スピントラップス

薄毛の原因といったら男性ホルモンをはじめ
皮脂による炎症・フケなどがよく取り沙汰されますが
活性酸素についてはあまり語られていません。

活性酸素はあらゆる病気に関与するといわれるほど非常にやっかいな物質です。

老化を促進させるきっかけにもなりうるものなので
当然髪に悪影響がないわけがありません。

活性酸素は完全に悪いものではなく、
むしろ増えすぎなければ体に良いものになります。

それは免疫とも深い関わりがあります。

免疫を司る白血球は体の異物を排除するために
活性酸素を発生させて攻撃するのでいわば体をまもる武器のようなものです。

ただ武器であるがゆえ増えすぎると危険です。

皮膚が赤くなってヒリヒリするのは炎症が起こっているためですが
それは活性酸素が原因になります。

免疫系はよくできたシステムですが完全ではなく
白血球が出動した付近の正常な細胞にも活性酸素の害が及んでしまうのです。

現代人は夜更かしや食べすぎ、喫煙をはじめ
生活習慣が乱れすぎていて活性酸素が増える要因がとても多くなってます。


それが様々な生活習慣病や薄げ人口の増加に繋がっているのではないかと思うわけです。

よって現代人の場合、健康を取り戻すには
いかに抗酸化ができるかにかかっているといえます。

それで抗酸化物質といわれるビタミンCやEなどが注目されるようになってきています。

今回紹介するのは一般的な抗酸化物質よりさらに1歩進んだ優れたものです。

一般的な抗酸化物質はすでに発生している活性酸素を無害にする作用があるものですが、
スピントラップスという成分は活性酸素の発生自体を抑制することができます。


さらにアメリカの研究によると
ビタミン類などの抗酸化物質の働きを補ったり
組織の損傷を改善し毛髪の成長をも助けるとされています。

スピントラップスを頭皮に塗布することで
脱毛を促す原因の1つを断ち切ることができると考えられます。

それはすなわちヘアサイクルを整え発毛しやすい状態へ改善することを意味します。

このような優れた成分は育毛対策の標準となっても
いいような気がするのですが今のところ一部の化粧品にしか
使われていないので非常にもったいない状況です。

育毛剤はもちろんシャンプーにも配合されているものは
ほぼ皆無なのでとても残念でなりません。

いまのところスピントラップスを配合してる製品は
星の数ほどある育毛グッズの中でレヴィタシリーズしか見受けられません。


アメリカのDSラボラトリーズという会社が
発売しているのですが非常に技術力が高いことで有名なので他の製品とは一味違います。

当ブログではスピントラップスが配合された数少ない貴重なシャンプーを紹介しています。


⇒レヴィタシャンプーはトップ記事にて解説しています