毎日洗髪してもフケが止まらない2つの原因|シャンプーの種類と頻度

フケは頭皮から発生する垢(あか)のことですが、
それがパラパラ落ちたら不潔なイメージがありますよね。

だからフケが出てきたらやばい!と思って
慌てて頭を洗いまくるってパターンを繰り返してませんか?

たしかに頭を汚くしていると臭いとかべたつきが
酷くなって自分だけでなく周りにも迷惑をかける恐れが出てきます。

でもだからといって洗いまくるのもよくありません。

フケは誰にでも起こる生理現象ではありますが普段は目に見えないほど細かいものです。

目に見えるほどのフケが毎日落ちてくるということは
あなたの頭に異常があると思っていいです。

もともとフケ症と言われるほど多い体質の方もいますが、
実はそれも自らが作り出してる可能性が高いんですよ。


フケが止まらない大きな原因は主に2つあるのですが、
1つは先ほども少し触れたように洗いまくることです。

気持ち悪いからといって1日に何度も洗ってないでしょうか?

頭は食器みたいに洗うほど綺麗になるという単純なものではありません。

皮膚は皮脂という脂(あぶら)を分泌することで
水分の蒸発を防いだり性質を弱酸性にすることで外敵の侵入を防ぐ役割があります。

でも皮脂が多いとべたつきや痒み、炎症の元にもなるので
定期的にシャンプーを使って余分な皮脂を洗い流すべきなのです。

しかしそれもやりすぎると皮膚が乾燥したり、
その反動で皮脂がかえって多く分泌されるようにもなり
フケがますますひどくなる可能性が高いんです。


2つ目の原因はシャンプー自体が悪いこと。

フケがとまらない方は特にこの点は注意してほしいところです。

薬局やスーパーで売られてる安い市販シャンプーは
ただ汚れを洗い流すことが目的で作られているため全く根本解決に繋がりません。

フケを減らすには皮脂の分泌量を正常に保つ必要がありますが、
市販品では洗浄力がただ強いだけなので必要な皮脂まで取り去ったうえ、
余計な香料や着色料も添加しているのでたまったものではありません。


それでほどよい洗浄力のアミノ酸シャンプーが一般的には勧められるんですね。


てことでふけなどの頭皮トラブル対策のセオリーとしては、
安全性が高いシャンプーを多くても1日1回使うことになります。

が、それでもフケがなかなか収まらないと悩む方はけっこう多いんです・・・

その理由は食生活とかも関係してると思いますがマラセチアを疑ったほうがいいですね。

マラセチアってのは頭皮に住み着いてる菌の一種ですが、
ふけが多い人とか脂漏性皮膚炎気味の方はそれが増殖している可能性もあるんです。

セオリーどおりに対策しても解決しないのなら
マラセチア真菌対策ができるシャンプーを使ったほうがいいですね。

一応そういうのも市販されてますけど、
効力は弱めなのであまり効果的じゃない場合があります。

本当に効果的な成分はなぜか日本では規制されてて
市販できないのが現状ですので、海外製品を取り寄せたほうが賢明です。


取り寄せるといってもふつうに買い物をするのと
やり方は同じですので変な手間も手数料もかかりません。


⇒日本では売ってない特殊なシャンプーの特長について