洗髪時に抜け毛が多い人の特徴|頭皮が脂っぽい確率が高い!

あなたはリラックスするはずのお風呂が憂鬱な場所になっていないでしょうか?

髪がごっそり抜けるからと…

たしかにちょっと頭をシャカシャカ洗った程度で
手に大量の抜け毛があると怖いですよね。

しかもそれが毎日だったらたまったものではありません。

髪の毛は10万本ほどあるといわれており、
そのうち1割ほどが休止期にあるとされています。

休止期は髪の成長が完全に止まり
次の新しい毛髪が生えてくる段階なのでいつ抜けてもおかしくない状態です。

もちろん全ての髪が同じタイミングで生え変わることはないので
一気に1万本も抜けることはありません。

実際に1日に抜ける髪の毛の本数は100本前後です。

シャンプーのときに20~30本抜けても全く問題はありません。

単純に物理的に一番力が加わるのはシャンプーの時なので
洗髪時に抜け毛が多いのはふつうのことです。

ただ多すぎるのは問題です。

本数は個人や季節によって変わるので一概には言えませんが
季節とわず大量に抜けているのなら危ないかもしれません。

例えばシャンプーのときだけで50本とか100本とか。

でも本当に危ないのは抜け毛の本数よりも
細い抜け毛が多く混じっていることです。


本来髪は数年ものあいだ生長し続けるものなので
抜ける際はある程度の太さと黒さがあるはずです。

そういう髪が抜けるのは自然のサイクルですので全く問題ではありません。

細くて短い抜け毛が目立つということは
ヘアサイクルが狂っている可能性が高いということです。


もともと備わっている髪の本数は変わりませんが
太さが失われることで密度が低下して、
最悪の場合バーコードにもできないツルツルヘッドになります。

それを防ぐためにはまずシャンプーからしっかり選ばないといけません。


抜け毛やベタつきの根本原因に対処するシャンプーとは?


おそらくほとんどの方は適当に選んで適当に使っていたと思いますが
それでは抜け毛の本数を増やすだけです。

シャンプーは基本的に頭皮を洗うものですので
抜け毛の予防や育毛とは関係ないと言われることもあります。

しかしそれは考え方が間違っているか
的確なシャンプーを知らないかのどちらかです。

抜け毛が多いと悩む方は
頭皮のべたつきでも悩んでいる場合が多いですが、
あなたもそうではないでしょうか?


べたつくということは皮脂の分泌が過剰になってたり
頭皮常在菌が異常増殖してる可能性があります。

そして男性ホルモンも関係してることも考えられます。

抜け毛を増やす主原因であるDHTというホルモンは
皮脂腺を刺激して頭皮の脂を増やす性質もあるからです。


それらの問題に対処する効果的な方法がシャンプーなのですが
市販品のような質が悪いものでは皮脂を洗い流すだけで
根本対策ができず何の役にも立ちません。


市販シャンプーでもちょっと高いのを出すと
まあまあなものもありますが海外製品と比べると効果が劣っているのが現実です。


⇒では抜け毛と皮脂の根本解決に導く唯一のシャンプーを紹介します