髪のべたつきが夕方からひどくなる方は皮脂の分泌量がかなり多い

髪の毛や頭皮のべたつきが気になる方は
割と早い時間から気になりだしてる場合が多いです。

ふつうは1日の終りである夜に感じるものですが
ひどい方は夕方からべたつきを実感しだします。

朝や昼間はサラサラしていたのに16時とかになるとしっとりしてきて、
決まって髪が束になってしまったり、前髪が分裂したりしてくると思います。

そうなるということは、あなたは皮脂の分泌量がかなり多くなっています。

皮脂自体は皮膚を守るためにあるので
出てくること自体は間違いではないのですが、多すぎるのは問題です。

具体的に何ml以上でたらまずいとか明確な基準はないですが
べたつくと感じる時点でおかしいと思ったほうがいいですね。


そういう方に限って…

なんでしっかり髪を洗ってるはずなのにすぐベタツクの?

と、よく疑問に思うものです。


あなたはどのように「しっかり」シャンプーをしていますか?



注目してほしいのは「しっかり」という部分です。

同じしっかりでも毎日夜の決まった時間に洗髪するとか、
これでもかってくらい日に何度も洗うとかいろいろ解釈できます。

前者ならとりあえずシャンプーのやり方に問題はないのですが
もし後者ならすぐに行動を改める必要があります。

これはけっこう有名なお話なのですが、いまだにご存じない方もけっこうおられます。

シャンプーは基本的に1日に1回でOKです。
そしてタイミングとしては1日にたまった汚れを一気に洗い流せる夜がベストとなります。

もし一日に何度も洗ってしまうようなことをしたら、
頭皮から皮脂を取りすぎることになります。


皮脂は肌の水分蒸発を防ぐ役割もあるのでまず乾燥肌を招く恐れが出てきます。

20代や30代という若いうちなら皮脂の分泌量が多いのでまだいいですが、
それ以降となるとちょっと危険になります。

そして深刻なのは洗いすぎがべたつきの原因になることです。

皮脂は皮膚にとって絶対に必要なものなので、
不足を感知すると多く分泌するようになっています。

そのため気持ち悪いからと朝も昼も夜も洗ってたらとんでもないことになってしまいます…

体質的な理由も考えられなくないですが、
べたつきの主な原因は日々のヘアケアなんですね。

ちなみに食の欧米化によって油分を含む食品を口にする機会が増えたことも関係してます。

太っている人が一番わかりやすい例です。

誤った食生活は血液をドロドロにして質がものすごくわるくなってしまい、
べたつきどころの騒ぎではなくなる可能性もあります。

なんかの病気を発症するかもしれないですし、抜け毛が増えるかもしれないですよ。


皮脂が増えるとかゆみが出てきたり
頭皮に赤みをおびて髪にも悪影響を与えかねません。

かゆみや抜け毛も実感されてるようなら頭皮が深刻な状況になりかけているので、
頭皮のベタつきと抜け毛の両方の対策ができるシャンプー
先ほどいった丁度良い頻度で行ったほうがよいです。