コラージュフルフルを使ったらフケが増えた...|頭皮がますます乾燥?

持田ヘルスケアが発売してるシャンプーにコラージュフルフルというものがあります。

ふけ取りシャンプーとしてけっこう有名なのであなたもよくご存知かもしれません。

日本ではじめてフケの原因菌の増殖を抑制するという
強力なキャッチで宣伝しているのでそれなりにインパクトはあります。

実際使ったことがある人の感想では
フケが減ったとかすっきりしたとか脂が取れるからいいなどがあります。

ところが逆にフケが増えたという人もいます。

ふつうに考えたらありえないことですがどんな製品にも必ず悪い部分はありますし、
万人受けするものを作るのは実際無理なのでそれはそれでふつうのことなのかもしれません。

しかし、成分を見てみるとちょっと首を傾げたくなるような感じなのです。

ラウロイルメチル-β-アラニンNa液やヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)は
低刺激の洗浄剤として有名で、グリセリンも植物から取れる成分なので特に問題はないです。

気になるのは更に陰イオン系の界面活性剤を追加してるのと、
プロピレングリコールとパラベンも入ってること。

陰イオン界面活性剤は洗浄力が強い成分なので
食器洗い用の洗剤や車の部品を洗う際にも使われます。


コラージュフルフルに配合されているのは
アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン

という何かの暗号チックな読む気にならない成分で、
一応低刺激なものらしいですが洗浄剤を3つも入れる必要がなるのかと思います。

洗浄剤を多く入れるほど当然のことながら皮脂を奪い取る力が強くなることになります。

たとえ頭皮に刺激が弱いものであっても皮脂を取りすぎれば乾燥してフケが増えたり、
かえって脂っぽくなることにもなります。

プロピレングリコールは溶媒としてよく使われる
アルコール成分の一種ですが分子量が小さいので皮膚から浸透しやすく
内蔵に蓄積して何らかの障害をもたらす危険性があります。

パラベンも防腐剤としていろんな製品によく使われてますが
それもプロピレングリコールと同じく肌から浸透しやしくアレルゲンとなったりする可能性があります。

そして肝心のフケの主な原因であるマラセチア真菌を抑制する
ミコナゾール硝酸塩には発疹や水疱など様々な皮膚炎を起こす副作用が確認されています。


ちなみに安全性がよくわからないことから妊婦には使用を自粛することが求められています。


そんなこんなで使用感は人それぞれですが少々洗浄力が強めなので洗い上がりがギシギシしたり、
頭皮が乾燥気味になってしまうのでフケが逆に増える事も十分ありえると思います。

そしてそもそもミコナゾールはフケ対策成分としては
中途半端で育毛対策にもならないので抜け毛も気になってる方には不十分すぎるシャンプーです。


フケや脂っぽい頭皮、そして抜け毛を解消したいなら
まずはシャンプーを見直さないと始まりません。

⇒それらの問題へ一気に働きかけれるシャンプーをこれから紹介します