薬用シャンプーのオクトは抜け毛予防になる?むしろ逆効果の恐れが

バルガスと同じくライオンから発売されてるオクト。

そのシリーズのシャンプーはフケやカユミを抑えて
地肌を清潔にし滑らかな髪にします!と説明されてます。

たしかに有効成分のピロクトンオラミンは
フケの原因菌に対する効果が高く安全性も問題ないですが、
これをおすすめすることはできません。

ましてや抜け毛予防を考えてる人にとっては使用禁止といってもいい代物です。

なぜかというと配合成分が全体的に悪いからです。

アミノ酸系界面活性剤やクエン酸なども配合されてますが
他にも余計な成分がたくさん含まれてます。

まず典型的な洗浄剤であるラウレス硫酸ナトリウム。

これは泡立ちが良くてコストも安いので
市販品に最も活用されてる洗浄剤ですが、
洗浄力が強すぎて頭皮への刺激が強い欠点があります。


フケは皮脂汚れが細菌によって増えるためので
洗浄力を強くしないといけないイメージがあると思いますが
むしろ逆にしないと皮脂がかえって増えることになります。

皮脂は皮膚のバリアなので不足させてはいけないためです。

それはもはや常識レベルの話なのですが、
なぜかフケや脂性肌向けのシャンプーは洗浄力を強くしたがります。

洗浄剤はラウリン酸などの
アミノ酸界面活性剤だけで十分なはずなのですが・・・。

あと入れる必要がない香料や着色料、
スタイリング剤のアクリルアミド共重合体液も入っており
頭皮環境を狂わす要因ばかりが目立ちます。

ちなみに着色料はコストが安く色が鮮やかになる
タール色素を使ってますがそれは発がん性が指摘されてます。

このようなシャンプーはもはやシャンプーとは呼べません。

配合成分は一部が効果的、安全であっても意味がないのです。

オクトシャンプーはバルガスシャンプーとほとんど質は変わらないといえます。

ちなみに泡立ちは不自然なほどよくて、
臭いも独特で使い勝手もいいとはいえません。

シャンプーはただ汚れを洗い流すだけでなく頭皮環境を正常化することが目的です。

ピロクトンオラミンでフケが減ったとしてもそれは一時的な効果に過ぎないと思います。

洗浄力が不自然に強すぎてしかも余計な添加物が
てんこ盛りだと頭皮に汚れが残りやすくなり、
皮脂もあとからバンバン分泌されることになります。



そもそもピロクトンオラミンはフケやベタツキの解消に最適な成分ではありません。

悪くはないんですけど、根本対策につながりにくいので
抜け毛予防までカバーすることはできません。

頭皮トラブルに見舞われてる人は
洗浄力が穏やかなものを使うのがセオリーですが、それでもべたつきやフケ、
そして抜け毛の根本対策はできないので本当に効果的とはいえません。


⇒頭皮トラブルを解消するためにはこの成分が入ったシャンプーを使うのが基本となります