石鹸シャンプーを使うと頭皮のべたつきがますます悪化する原因に!?

石鹸シャンプーを使っている方はとても多くいらっしゃると思います。

石油系のシャンプーより安全性が高く
しかもリーズナブルなものが多いので長年愛用している方も多いでしょう。

そのことからよくある石油系シャンプーをやめて
石鹸系に乗り換えて抜け毛対策を加速させよう!と思ってる方もおられると思います。

しかし石鹸シャンプーも薄毛対策的にはあまりおすすめできるものではありません。

むしろ抜け毛が増える恐れの方が高くなるので
なるべく使わないようにしたほうがいいです。

なぜなら髪や頭皮がアルカリ性に傾くからです。

人間は肌や髪の表面は弱い酸性に保たれています。

それが最も理想的な状態だからです。

刺激が強すぎず外敵の侵入を防ぐにも最も適した性質だからです。

ところが石鹸はアルカリ度が強いので刺激がマイルドとは言いにくいものです。

アルカリ度が強くなると髪は抵抗力を失いキューティクルが傷つきやすくなるうえに
髪のほとんどを構成するコルテックス(毛皮質)が溶け出しやすくなってしまいます。

アルカリはタンパク質を溶かす性質があるからです。
(特にケラチンはアルカリに弱い特徴があります)

頭皮もタンパク質で出来ているため当然影響が出ないわけはありません。

石鹸は苛性ソーダというものが原料になってますが
それは海の塩を元に作られているので
石鹸シャンプーを使うとナトリウムイオンが頭皮に残って悪影響を及ぼします。


牛の脂も原料に含まれますので傷ついたキューティクルの間をぬって
脂肪酸が入り込んでベタツキやすくなります。

さらに水道水に含まれるカルシウムイオンと
石鹸が結合してせっけんカスを作ってしまいます。

せっけんかすは水に溶けにくいので
どんなにゆすいでも不要物質が頭皮や髪に残ることになります。


頭皮に不要な物質が残っているのは大問題です。

常在菌が繁殖して炎症を起こして抜け毛を増やす恐れがあるからです。

炎症は細胞が傷ついている状態ですので今後生えてくる髪にも影響しかねません。



そして石鹸シャンプーには一般的な市販シャンプーと違い
シリコンや合成ポリマーなどのコーティング剤が含まれてないので
洗い上がりがすごくギシギシしてしまいます。

それはせっけんカスも一因なのでクエン酸リンスを使って
中和することがセオリーになっていますが、
リンスにも化学成分が多く含まれているので
また頭皮に不要物質を溜め込むことになります。


そんなこんなで石鹸シャンプーは欠点だらけなのです。

使っていくと次第に気にならなくなるとも言われますが
それはただ慣れているだけで頭皮の健康的には好ましくありません。

あなたがべたつきや抜け毛で悩んでいるのなら
そのような小手先アイテムに頼らずに
根本から対処するシャンプーを使ったほうがいいです。


⇒当ブログ推奨の大衆店では売ってないシャンプーについて