リンスをつけると余計に髪がベタベタする...|使う必要性はありません

あなたは現在、育毛剤以外でどんなヘアケアグッズを使ってるでしょうか?

シャンプーだけでしょうか?
それともシャンプー後に必ずリンスを使ってますか?

もし後者なら注意してほしいのですが、
リンスはヘアケアとは逆行するものなのですぐに使用を中止することをオススメします。


あなたが抜け毛や薄毛に悩んでるのならなおさらです。

リンスというのは髪の痛みがどうしても気になる場合のみ使うべきであって、
育毛対策には全くなりません。

むしろ髪や頭皮を痛めるだけです。

リンスは髪をコーティングするものだから、なんとなくいいと思ってる人は多いと思いますが
頭皮上に出ている髪の細胞の活動はすでに停止しています。

つまり表面をいくら補修したりしても髪の成長には全く関与できないのです。

それどころかコーティング剤がはがれる際にキューティクルも一緒にはがしてしまうので
髪がボロボロになり抜け毛にならなくても切れ毛が起こりボリュームに影響しかねません。

そしてリンスにはシリコン以外にも陽イオン界面活性剤という吸着力が強いうえに
タンパク質変性作用をもった成分がたくさん含まれてます。


それはシャンプーによく含まれているラウレス硫酸ナトリウムより毒性が強いといわれています。

リンスは頭皮につけないから大丈夫だといいたくなるかもしれませんが、
全く頭皮につけないのは大変難しいものです。

ヘアカラー剤を頭皮につけないようにするのと同じくらい難しいものです。

リンスは油分の塊みたいなものですので頭皮に付着すると炎症のリスクも増えます。

ということで使わないに越したことはないのです。

ではシャンプーだけだと正解なのかというと、それだけでは満点と言うのは早いです。

種類が悪ければ全く意味がないからです。

大半の方は近所のスーパーやドラッグストアに
たっぷりおいてある安価なシャンプーを使ってますが
そういうのは質が大変悪いものになります。

洗浄力が無駄に強いだけでなく
余計な添加物(着色料や香料など)を多く配合しているのです。


安い理由は原料の価格が低いためです。

洗浄と使い勝手をよくすることばかり考えていて
消費者の健康は度外視している代物です。

そんなものであなたの頭皮のべたつきや抜け毛といった悩みを解決させるのは不可能です。

もちろんシャンプーだけで全て解決はできませんが
シャンプーはヘアケアの基本になりますから
気をつけてる人とそうでない人とではのちのち差が大きくなっていくはずです。


⇒当ブログ推奨のシャンプーについてはトップ記事で解説しています

朝シャンするとはげるって本当?|頭皮トラブルを招く危険性が高まる

朝におきてすぐシャワーを浴びたり
シャンプーをするのが日課になってる方は地味に多いと思います。

眠気覚ましになるし暑い時期は寝ている間にでた
汗やら皮脂やらを洗い流せるので気持ちいいですよね。

でもはげる可能性を高めてしまうリスクがあるため極力避けたほうが賢明です。

可能なら全くやらないほうがいいです。

一般的には朝は時間がないことが多いから
シャンプーの洗い残しが増える可能性が高いと
よく言われますがそれが主な理由ではありません。

たしかにすすぎが中途半端だと細菌の餌が増えて
炎症を起こす危険性が高くなりますが、
余裕があってやってるのなら問題にはなりません。

本当の問題は頭皮が無防備になる時間が長くなることと、
シャンプーのし過ぎに繋がることです。


皮膚の表面には常に皮脂という無色透明の脂(あぶら)が覆っています。

それは皮膚から水分が蒸発するのを防いだり
紫外線や外部の雑菌・ウィルスから守るためにあります。

夜のうちに分泌された皮脂は日中にそれらの刺激から守るためにあるものです。

朝から洗髪してしまうということは、
その貴重な盾を壊してしまうことになるのです。

水分が失われると皮膚は乾燥しやすくなりフケやかゆみが発生しやすくなったり
アレルギー物質やばい菌の侵入を許しやすくなります。

その結果、免疫機能が働いて炎症が起こり、
毛根細胞を傷つけて早期の抜け毛に繋がりやすくなります。

また、シャンプーのやりすぎにも繋がります。

朝にシャンプーしたとしても夜になると、
またべたついて気持ち悪くなってるから1日に2回もしてしまう方は多いと思います。


それでは皮脂の取りすぎとなってしまうので
べたつきがますます酷くなるばかりになります。

皮脂は皮膚の盾とさきほどいいましたが、多ければいいということでありません。

頭皮には1000億近い常在菌が生息しています。

彼らが皮脂を食べることで脂肪酸を分泌し皮膚は弱酸性を保つことができてるのですが
必要以上に増えすぎると害となってしまうので白血球が排除しようと動き出します。

それで炎症が正常な細胞を傷つけてしまうので髪にも悪影響を及ぼすのです。

ということで朝シャンをしたいのであればお湯だけにしたほうがいいですね。


ちなみにあなたはどんなシャンプーを使ってるでしょうか?

もし市販の安いものを使ってるのなら今すぐやめましょう。

洗浄力が強く頭皮を傷つける強い成分が含まれてるので
たとえ夜だけにしたとしても抜け毛を増やす恐れがあります。

使うべきはベタツキの2つの主原因に対処できるうえ
育毛対策もできるシャンプーになります。


⇒薄毛とベタつき対策を両立したレヴィタシャンプーについて

シャンプーをするタイミングはいつがよい?ベストは夜シャンのみ

シャンプーするタイミングはいつがベストなのか、
こう疑問に思われてる方は少なくありません。

それはもう常識になっているといっても過言ではないような気もするのですが、
情報過多が影響して混乱しているのかもしれません。

よくわかっていない方はここでしっかり覚えておきましょう。

洗髪の理想的な時機とはズバリ夜になります。
いわゆる夜シャンですね。

その理由は主に3つあります。


1つは皮脂の過剰分泌を起こさないようにするため


頭皮には皮脂腺が最も多く存在している箇所なので
誰でも1日の終りにはヌルヌルしてるものですが
1回の洗髪で十分に洗い流すことができます。

よって頻度も当然のことながら1回までです。

あんまりやる人はいないと思いますが、
夜の8時に一回、寝る直前の0時にもう一回とかではなく必ず1回だけにします。

白髪隠しやスプレータイプの増毛剤をつけたときは
汚れが落ちにくいので2度洗いをしてもOKです。

1日2回と2度洗いの違いはタイミングです。

前者は離れた時間に1回ずつするのに対し、
後者はそのときの洗髪時に2回続けて行うことです。


夜シャンがベストの2つ目の理由は1日の汚れを一気に洗い流せること


皮脂は常に分泌されているため
朝からべたつきを感じることもあると思いますが
そんなに活動してないのでそこまで汚れてはいません。

外に出かけるなどいろいろ動き回るといろんな汚れが嫌でもくっついてきますし、
皮脂と空気中の酸素が結合して過酸化脂質に変化してきます。

それらの汚れがたまったところで根こそぎ取り払うことができるので
夜シャンはとても理に叶っているのです。

※皮脂を根こそぎ取るという意味ではありません


3つ目の理由は紫外線の害を受けないこと


皮脂は頭皮を紫外線から守る役目もあります。

朝から洗髪してしまうと日中の紫外線の影響を強く受けてしまうことになります。

紫外線は髪の痛みを誘発するイメージが強いですが
実は皮膚内のDNAを傷つける性質もあります。


だから皮膚がんの大半の原因は紫外線なのです。

とうぜん髪にもいいものとはいえませんので
洗髪は夜だけにしたほうがいいのです。



お分かりいただけたでしょうか?

1日に何回も洗っていた方や認識が曖昧だった方は
是非すぐに修正していくことをおすすめします。

日本人は生真面目なところがあるので
とにかく清潔にしていればいいという間違った認識がいまだに定着しています。

頭皮はデリケートですので
刺激を与えるのは必要最低限なことで十分なのです。

いつもべたつきで悩んでいる方は特に注意してください。


⇒ベタツキを根本から解決に導くシャンプーとは?


シャンプーは一日二回も必要ありません|洗髪のしすぎは薄毛に繋がる

シャンプーを一日二回もしくはもっと多く行ってる方がおられるようですが、
それは明らかに間違っているので今すぐやめることをおすすめします。

とくに年中べたつきで悩んでる方が
陥りやすい間違いですので十分注意してください。

シャンプーの頻度については
だいぶ常識レベルになってきてると思いますが、
まだまだわかってない方が大勢います。

理想的な頻度は1日に1回までで、行うタイミングは夜だけです。

それ以外の時間は特に洗髪は必要ない、というか行ってはいけません。

ご存知の方も多いと思いますが皮脂は皮膚を守るためのバリアでもあります。

水分の蒸発を防いだり紫外線の害を軽減したり頭皮に棲む常在菌の餌となり
それが脂肪酸を出すことで頭皮が弱酸性に保たれ
悪い菌やウィルスの侵入を防いでくれます。

皮脂は夜寝ている間にも分泌されますが
それは次の日の様々な刺激に備える重要なもの。

朝から洗髪して皮脂を洗い流してしまうと
頭皮の抵抗力が低下してしまい多くの外的刺激から弱い時間が増えてしまいます。


すると炎症を起こしやすくなるので余計な抜け毛も増える恐れがあるのです。

そして皮脂は体に必要なものですので洗いすぎると危険だと体が察知します。

その結果、不足分を補おうとたくさんの皮脂を分泌するようになります。

それが酷くなるとべたつくと感じるようになります。

皮脂の分泌量が正常なら髪は1日中ほどよくしっとりしてる感じですが
異常な場合は昼下がりとか夕方からすでにべったりした感じになってしまいます。


そして気持ち悪いからと洗髪しすぎてしまい
また皮脂の過剰分泌を繰り返すという悪循環に陥ります。

その負のスパイラルから脱するためには
まずシャンプーの回数を1日1回に減らす必要があります。

もしどうしても朝から気持ち悪いようであればお湯だけで洗うようにしてください。

それだけではさっぱりしないので
最初のうちは苦痛に感じられるかもしれませんがここはぐっと我慢です。

正しい対策を続けていけば自然と体もそのペースに合わせていくので、
べたつき程度ならわりとすぐ収まります。

べたつきと抜け毛を減らすには
シャンプー頻度はとても重要なことですので必ず守るようにしてください。



ちなみに薄毛とか抜け毛で悩んでる方の多くは
皮脂の分泌が多いといわれています。

それは生活習慣に問題があることもそうですが男性ホルモンの影響も関係しています。

薄毛を促すDHTという男性ホルモンは
皮脂腺を刺激する性質もあるため余計に皮脂が分泌されてしまうのです。

ですからシャンプーは適当に選んではいけません。

べたつきがひどい方ほど最低限、医薬品入りのシャンプーでないと
なかなか効果がでない恐れがあります。


このシャンプーならフケの原因菌から男性ホルモンの抑制、
育毛成分も補給できるので最も効率よく対策できます。



湯シャンだけでべたつき解消は難しい|脂漏対策は毎日のシャンプー

シャンプーや洗髪の知識がどんどん高まってる昨今は、
いろんな方法が提唱されるようになってきました。

そのうちのひとつが湯シャンです。

お湯だけで頭を洗うことを意味する言葉で
シャンプー否定派の方が推奨している方法になります。

お湯ですすぐだけでも汚れの大部分は落ちるし、
シャンプーによる過剰洗浄が起こらないから
皮脂の分泌が正常に戻るなどといわれてます。

しかし、お湯のみの洗髪はあまりオススメできません。

なぜなら洗浄剤を使わないとどうしてもとりきれない
余計な脂汚れが残りやすくなるからです。

頭皮に余計な脂が残っている状態だと
酸素と触れ合うことで皮脂が酸化して過酸化脂質という活性酸素が発生します。

活性酸素は細胞を傷つけてしまうので
未熟な洗浄を繰り返していたら頭皮の炎症リスクが増えてしまうことになります。


すると頭皮の新陳代謝が低下して硬くなり血行不良の原因もなりえます。

実際に湯シャンで功を奏している人もいるようですが
それはもともと皮脂の分泌量がそこまで多くない体質の方だと考えられます。

あとシャンプーを使わないことで生じるリスクはまだあります。

フケが多くでる原因のひとつにマラセチア真菌というカビの一種がありますが
それはケトコナゾールという医薬品を使わないとほとんど対処できないといわれてます。

お湯だけでは当然その問題は解決できません。

あと薄毛の方にべたつきやすい人が多いのは
男性ホルモンの影響も一因ですので湯シャンではその対処も満足に出来ません。


⇒ケトコナゾールが入った貴重なシャンプー


次に栄養分の補給経路のひとつも絶つ事になります。

シャンプーの目的は基本的に頭皮を洗浄することですが
応用されたものは良質な栄養素をふんだんに配合し、
洗髪と同時に育毛対策もできるものがあります。

湯シャンではとうていそのような対策はとれないので
べたつき解消どころかマイナスに働きかねません。

べたつきに悩んでる方は本当に半端ないです。

朝おきた瞬間から頭がべったりしてるのがわかり、
下手すると枕が黄ばんでたり自分でも頭皮臭がわかるくらい悪臭を強く発します。

朝はまだ大丈夫だとしても帰宅する前からもう気になったりもしてるんですね。

そんな状態では抜け毛が増えるのは当たり前です。

抜け毛を減らすにはそれなりの対策をしないと
まったくもって歯が立ちませんのでしっかりシャンプーを使うようにしましょう。

もちろんシャンプーはなんでもいいわけではないです。

先ほども少し触れましたがフケにも対応でき
男性ホルモンの抑制や育毛効果が高い成分が
配合されたシャンプーが望ましいものになります。


⇒薄毛やフケにも対応したシャンプーについての続きはトップにて