朝シャンするとはげるって本当?|頭皮トラブルを招く危険性が高まる

朝におきてすぐシャワーを浴びたり
シャンプーをするのが日課になってる方は地味に多いと思います。

眠気覚ましになるし暑い時期は寝ている間にでた
汗やら皮脂やらを洗い流せるので気持ちいいですよね。

でもはげる可能性を高めてしまうリスクがあるため極力避けたほうが賢明です。

可能なら全くやらないほうがいいです。

一般的には朝は時間がないことが多いから
シャンプーの洗い残しが増える可能性が高いと
よく言われますがそれが主な理由ではありません。

たしかにすすぎが中途半端だと細菌の餌が増えて
炎症を起こす危険性が高くなりますが、
余裕があってやってるのなら問題にはなりません。

本当の問題は頭皮が無防備になる時間が長くなることと、
シャンプーのし過ぎに繋がることです。


皮膚の表面には常に皮脂という無色透明の脂(あぶら)が覆っています。

それは皮膚から水分が蒸発するのを防いだり
紫外線や外部の雑菌・ウィルスから守るためにあります。

夜のうちに分泌された皮脂は日中にそれらの刺激から守るためにあるものです。

朝から洗髪してしまうということは、
その貴重な盾を壊してしまうことになるのです。

水分が失われると皮膚は乾燥しやすくなりフケやかゆみが発生しやすくなったり
アレルギー物質やばい菌の侵入を許しやすくなります。

その結果、免疫機能が働いて炎症が起こり、
毛根細胞を傷つけて早期の抜け毛に繋がりやすくなります。

また、シャンプーのやりすぎにも繋がります。

朝にシャンプーしたとしても夜になると、
またべたついて気持ち悪くなってるから1日に2回もしてしまう方は多いと思います。


それでは皮脂の取りすぎとなってしまうので
べたつきがますます酷くなるばかりになります。

皮脂は皮膚の盾とさきほどいいましたが、多ければいいということでありません。

頭皮には1000億近い常在菌が生息しています。

彼らが皮脂を食べることで脂肪酸を分泌し皮膚は弱酸性を保つことができてるのですが
必要以上に増えすぎると害となってしまうので白血球が排除しようと動き出します。

それで炎症が正常な細胞を傷つけてしまうので髪にも悪影響を及ぼすのです。

ということで朝シャンをしたいのであればお湯だけにしたほうがいいですね。


ちなみにあなたはどんなシャンプーを使ってるでしょうか?

もし市販の安いものを使ってるのなら今すぐやめましょう。

洗浄力が強く頭皮を傷つける強い成分が含まれてるので
たとえ夜だけにしたとしても抜け毛を増やす恐れがあります。

使うべきはベタツキの2つの主原因に対処できるうえ
育毛対策もできるシャンプーになります。


⇒薄毛とベタつき対策を両立したレヴィタシャンプーについて