シャンプーは一日二回も必要ありません|洗髪のしすぎは薄毛に繋がる

シャンプーを一日二回もしくはもっと多く行ってる方がおられるようですが、
それは明らかに間違っているので今すぐやめることをおすすめします。

とくに年中べたつきで悩んでる方が
陥りやすい間違いですので十分注意してください。

シャンプーの頻度については
だいぶ常識レベルになってきてると思いますが、
まだまだわかってない方が大勢います。

理想的な頻度は1日に1回までで、行うタイミングは夜だけです。

それ以外の時間は特に洗髪は必要ない、というか行ってはいけません。

ご存知の方も多いと思いますが皮脂は皮膚を守るためのバリアでもあります。

水分の蒸発を防いだり紫外線の害を軽減したり頭皮に棲む常在菌の餌となり
それが脂肪酸を出すことで頭皮が弱酸性に保たれ
悪い菌やウィルスの侵入を防いでくれます。

皮脂は夜寝ている間にも分泌されますが
それは次の日の様々な刺激に備える重要なもの。

朝から洗髪して皮脂を洗い流してしまうと
頭皮の抵抗力が低下してしまい多くの外的刺激から弱い時間が増えてしまいます。


すると炎症を起こしやすくなるので余計な抜け毛も増える恐れがあるのです。

そして皮脂は体に必要なものですので洗いすぎると危険だと体が察知します。

その結果、不足分を補おうとたくさんの皮脂を分泌するようになります。

それが酷くなるとべたつくと感じるようになります。

皮脂の分泌量が正常なら髪は1日中ほどよくしっとりしてる感じですが
異常な場合は昼下がりとか夕方からすでにべったりした感じになってしまいます。


そして気持ち悪いからと洗髪しすぎてしまい
また皮脂の過剰分泌を繰り返すという悪循環に陥ります。

その負のスパイラルから脱するためには
まずシャンプーの回数を1日1回に減らす必要があります。

もしどうしても朝から気持ち悪いようであればお湯だけで洗うようにしてください。

それだけではさっぱりしないので
最初のうちは苦痛に感じられるかもしれませんがここはぐっと我慢です。

正しい対策を続けていけば自然と体もそのペースに合わせていくので、
べたつき程度ならわりとすぐ収まります。

べたつきと抜け毛を減らすには
シャンプー頻度はとても重要なことですので必ず守るようにしてください。



ちなみに薄毛とか抜け毛で悩んでる方の多くは
皮脂の分泌が多いといわれています。

それは生活習慣に問題があることもそうですが男性ホルモンの影響も関係しています。

薄毛を促すDHTという男性ホルモンは
皮脂腺を刺激する性質もあるため余計に皮脂が分泌されてしまうのです。

ですからシャンプーは適当に選んではいけません。

べたつきがひどい方ほど最低限、医薬品入りのシャンプーでないと
なかなか効果がでない恐れがあります。


このシャンプーならフケの原因菌から男性ホルモンの抑制、
育毛成分も補給できるので最も効率よく対策できます。