リンスをつけると余計に髪がベタベタする...|使う必要性はありません

あなたは現在、育毛剤以外でどんなヘアケアグッズを使ってるでしょうか?

シャンプーだけでしょうか?
それともシャンプー後に必ずリンスを使ってますか?

もし後者なら注意してほしいのですが、
リンスはヘアケアとは逆行するものなのですぐに使用を中止することをオススメします。


あなたが抜け毛や薄毛に悩んでるのならなおさらです。

リンスというのは髪の痛みがどうしても気になる場合のみ使うべきであって、
育毛対策には全くなりません。

むしろ髪や頭皮を痛めるだけです。

リンスは髪をコーティングするものだから、なんとなくいいと思ってる人は多いと思いますが
頭皮上に出ている髪の細胞の活動はすでに停止しています。

つまり表面をいくら補修したりしても髪の成長には全く関与できないのです。

それどころかコーティング剤がはがれる際にキューティクルも一緒にはがしてしまうので
髪がボロボロになり抜け毛にならなくても切れ毛が起こりボリュームに影響しかねません。

そしてリンスにはシリコン以外にも陽イオン界面活性剤という吸着力が強いうえに
タンパク質変性作用をもった成分がたくさん含まれてます。


それはシャンプーによく含まれているラウレス硫酸ナトリウムより毒性が強いといわれています。

リンスは頭皮につけないから大丈夫だといいたくなるかもしれませんが、
全く頭皮につけないのは大変難しいものです。

ヘアカラー剤を頭皮につけないようにするのと同じくらい難しいものです。

リンスは油分の塊みたいなものですので頭皮に付着すると炎症のリスクも増えます。

ということで使わないに越したことはないのです。

ではシャンプーだけだと正解なのかというと、それだけでは満点と言うのは早いです。

種類が悪ければ全く意味がないからです。

大半の方は近所のスーパーやドラッグストアに
たっぷりおいてある安価なシャンプーを使ってますが
そういうのは質が大変悪いものになります。

洗浄力が無駄に強いだけでなく
余計な添加物(着色料や香料など)を多く配合しているのです。


安い理由は原料の価格が低いためです。

洗浄と使い勝手をよくすることばかり考えていて
消費者の健康は度外視している代物です。

そんなものであなたの頭皮のべたつきや抜け毛といった悩みを解決させるのは不可能です。

もちろんシャンプーだけで全て解決はできませんが
シャンプーはヘアケアの基本になりますから
気をつけてる人とそうでない人とではのちのち差が大きくなっていくはずです。


⇒当ブログ推奨のシャンプーについてはトップ記事で解説しています